NISAはどんな投資家に適してるのでしょうか? NISAで非課税になるのは、年間100万円分の新規投資です。 新規投資であれば、どんな商品に投資してもいいわけではなく、現在のところは、上場株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)式、上場投資信託(購入する前に慎重に検討して、自分の要望に合ったものを自分で選ぶことが重要でしょう)(ETF)、上場不動産投資(近年では、サラリーマン大家さんも少なくありません)信託(J−REIT)、公募株式投資信託に限定されています。 非課税期間は最長で5年間とは言え、持ち越す(ロールオーバー)ことで十年まで延ばすこともできます。 もちろん、途中で投資した商品を売却することも可能です。 ただし、売却したからといって、その投資商品(多種多様なものがあり、人それぞれ向き不向きがあるといわれています)に投資した金額分、再投資できる訳ではないんです。 つまり、途中でコロコロと投資商品を変えてしまうと損ですから、短期的な投資には向かないでしょう。 デイトレーダーなどと言った短期投資(大きな利益は出しづらく、手?料や投資への所要時間が多くなるというデメリットもあります)家にはありがたみのない制度ようです。 それに、NISA口座と他の一般投資口座の間では、損益通算ができませんので、損をした場合には丸損になってしまいます。 その為に、NISAが適している投資家は、中・短期的な投資をリスクを考慮して計画的に行うことのできる投資家だと言われていますー